設備・医療機器

equipment_img_1

診療の内容とあわせて当院の設備紹介をいたします。皮膚科治療では、長らく塗り薬などの外用薬による治療が中心となっておりましたが、近年ではレーザーや紫外線などによる治療方法が確立されています。当院では「ナローバンドUVB療法」という紫外線を利用した治療に重点を置き、患者様のお肌の状態やご希望によってはステロイド剤などの強い薬を極力使わずに負担が少なくてすむ治療を心がけております。

ナローバンドUVB療法(光線療法・紫外線療法)

equipment_img_2

ナローバンドUVB療法とは、中波長の紫外線(UVB)を利用した治療です。紫外線といえば日焼けや皮膚がんなど肌に有害なイメージもありますが、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、尋常性白斑など全身の難治性皮膚疾患に非常に有効な治療です。
この医療機器は人体にとって有害な波長を取り除き、皮膚の治療にとって効果が認められた有用な狭い波長だけを抽出して照射を行うことができます。照射をした皮膚には、免疫寛容という状態が起こり、皮疹が改善する・かゆみが和らぐなどの効果が出現します。
このナローバンドUVB療法は連続しての治療が特に効果的となっており、週1〜3回程度の通院が必要となります。有害な波長を取り除いてはいるものの紫外線の性質はもつため、個人差はありますがやけどや日焼けのリスクはゼロではありません。きちんと照射量の上限を守ること・定期的な治療をうけることで低リスクな治療が行えます。
当院の光線療法機器は全身型照射のため、スポット型に比べ治療時間が短いこと、全身にまんべんなく治療が可能であることがメリットです。
これまでの外用薬と併用しての治療ももちろん可能ですが、紫外線治療をメインとすることで外用・内服の薬を減らすこともできます。当院でもステロイドなどの外用剤はほとんど使わず紫外線療法のみで病状が安定している方が何人もおられます。

スーパーライザー

equipment_img_3

直線偏光近赤外線治療機器という保険適応のある医療機器です。
近赤外線は可視光線の赤色よりも波長が長く、遠赤外線よりは波長が短い特殊な電磁波です。近赤外線は体内に深く届くことで知られています。
治療は5-10分で照射部位が若干暖かくなりますが、痛みもなく副作用もありません。安全性の高い治療機器です。
スーパーライザーの光を首もとにあてる星状神経節近傍照射法は、交感神経の刺激が緩和されて血流量が増加し、人間が本来持つ自然治癒能力が十分に引き出されます。アトピー性皮膚炎や帯状疱疹後神経痛、男性型脱毛症などの皮膚科疾患だけではなく顔面神経麻痺や自立神経疾患、不眠症、肩こりにまで効果があるといわれております。
直接照射法は、酒さや尋常性ざそう、円形脱毛症の患部に照射します。

ウロマスター

equipment_img_4

干渉低周波という、2種類の低周波を体内で交差させることによって筋肉の収縮運動をうながして治療を行う電気刺激装置です。尿漏れや頻尿の治療に対して国内で唯一保険適応による治療が認められている医療機器です。
下腹部と臀部に専用の粘着パットを貼り治療を行います。通電の際、若干のピリピリ感はありますが副作用もなく安全性の高い治療器具です。治療時間は20分ほどです。
骨盤底筋運動(膀胱排尿筋・骨盤底筋への運動)と同じ効果を得ることができます。継続することが必要で、週1-2回程度の継続を推奨しております。

その他の設備