阿波座の皮膚科・美容皮膚科・泌尿器科なら『めぐみ皮膚科・アレルギー科』へ。学会認定専門医がアトピーから美容皮膚科まで幅広く対応します。

蒙古斑

小児皮膚科|蒙古斑

蒙古斑について

蒙古斑とは、生後1週から1ヶ月までに、お尻や背中の下のほうに見られる青いあざのようなものをいいます。

お母さんのお腹の中で色素が体に残ることでできます。これは日本人の100%に見られます。2歳くらいまでは青色調を増しますが、5~6歳までに自然に消失することが多いです。お尻と同じようなあざが別の場所に出来ること(異所性蒙古斑)もあります。これも多くは自然に消えますが、なかなか消えず大人になっても残ることがあります。必ず治療をしなければならないものではないですが、見える場所にあったり、気になる場合は、レーザー治療を行います。

レーザー治療は痛みを伴うため、じっとしていられないお子さんの場合は治療を受ける時期などの相談が必要です。また、レーザー治療をしても必ず青あざが消えるわけではなく、色味が少し残ったり色素が薄くなったりすることもあります。

初診の方へ|詳しくはこちら よくあるご質問|詳しくはこちら 私達と一緒に働きませんか?採用情報|詳しくはこちら インスタグラム|フォローお願いします ラ ロッシュ ポゼ |詳しくはこちら(外部サイト)

クリニック情報Clinic Information

〒550-0005 大阪市西区西本町2丁目1番4号
宇佐美西本町ビル2階

お気軽にお問い合わせください

TEL 06-6534-1112
大阪メトロ『本町』駅・24番出入口から徒歩約3分
大阪メトロ『阿波座』駅・1番出入口から徒歩約5分
診療時間
午前の診療
10:00~13:00
予約検査・手術
14:00~16:00
午後の診療
16:00~19:00

休診日水曜、日曜、祝日

PAGETOP
Copyright © 2022 めぐみ皮膚科・アレルギー科 All Rights Reserved.